注意!天然葉酸は現時点では証拠が得られていません。

この記事では、葉酸サプリ選びで「失敗しないポイント」をお伝えしますので、注意深く読んでください。

注意!天然葉酸は現時点では証拠が得られていません。

葉酸には、2つの種類の葉酸が存在します。まずひとつ目が、食事から摂れる「プテロイルポリグルタミン酸型の葉酸=Folate」です。もうひとつが、工業的に製造された「プテロイルモノグルタミン酸型の葉酸=Folic Acid」です。

厚生労働省は、少なくとも妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までに、1日0.4mgの「モノグルタミン酸型葉酸」を栄養補助食品で摂取することを推奨しています。ポリグルタミン酸葉酸(食事で摂れる天然葉酸)は、「現時点では証拠が得られていない」のが現状だからです。


引用:https://www.mhlw.go.jp/www1/houdou/1212/h1228-1_18.html(※下線はyousanblogにて強調)

一方、モノグルタミン酸型の葉酸(合成葉酸)は、「通常の食品中の葉酸とは構造が異なっていて、安定性と生体利用率が高い」「諸外国の大規模な疫学研究の結果は、Folic Acid(モノグルタミン酸型)の葉酸サプリがほとんど」です。(厚生労働省運営「e-ヘルスネット」より

そのため、妊娠1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月目までに食事にプラスする葉酸400μgは、「食事性葉酸ではなくて、モノグルタミン酸型の葉酸の量で設定」されています。(独立行政法人国民生活センター発表資料【PDF】より

要するに、「そろそろ子作りを・・・」と考え始めたときから、「食事から摂れる天然葉酸(推奨量240μg)」+「葉酸サプリメントから摂れる合成葉酸(推奨量400μg)」=合計640μgの葉酸を摂取しておく必要があるのです。

必要摂取量の図解

サプリメントのパッケージの裏面に「葉酸」の文字が書かれていれば、合成葉酸が摂取できるしるしです。

一方で、妊娠中期・妊娠後期は「一般女性の推奨量240μg」+「妊婦の付加量240μg」=合計480μgの葉酸を食事から摂取します。この場合は「天然葉酸」が理想です。ですが、妊娠4ヶ月目以降も、食事で不足している場合はサプリメントで補っていきます。

現代人の食生活を考えると、葉酸を多く含む食品を食べても毎日480μgの葉酸を摂取し続けるのは困難ですので、妊娠4ヶ月目以降もサプリメントに頼らざるを得ないのが現実です。(参考葉酸を多く含む食品・食べ物ランキング

ややここしいかも知れませんが、簡単に言うと「少なくとも妊活中~妊娠3ヶ月目までは、食事に加えてサプリメントで、モノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)を毎日400μg摂取することが、厚生労働省によって推奨されている」ということです。

おわかりいただけたでしょうか?

【プロが選んだ】葉酸サプリ時期別No.1商品はコレ!