山東クリニック
山東クリニックでは、肛門病変の診療、日帰り手術、日帰り処置を行っております。
痔核(イボ痔)、裂肛(切れ痔)、痔瘻の肛門3大疾患の他、肛門のかゆみなど、お尻周辺のあらゆるトラブルについてのご相談を受け賜わっております。
特に、内痔核に対する注射による(ジオン=ALTA注射を用いた)日帰り硬化療法に力を入れております。
お気軽にご相談ください。

痔核

痔核は肛門の毛細血管がじゅず状に拡張したものが、イボのように塊となったものです。
痔核に上方から流入する動脈が通常3本あるため、肛門円周上の3ヶ所にできやすくなっています。
肛門の皮膚と粘膜の境(歯状線)より奥にあるものが内痔核で、通常はそれに連続して外側の皮膚の部にあるものが外痔核です。

内痔核の症状は脱出、痛み、出血が主なものですが、脱出が一番不愉快な症状です。大きくなったイボ痔は排便時などのいきんだ時に肛門から飛び出てくることがあります。
最初は、小さな痔核がそこにあるだけで脱出はしませんが(Goligher分類1度)、少し大きくなると、排便時に脱出して排便が終わると自然に元に戻っているようになります(Goligher分類2度)。
更にひどくなると、脱出が自然には戻らず、自分で押し込まないと戻らなくなります(Goligher分類3度)。
もっとひどくなると排便時以外でも、長時間の立位や歩行時に脱出するようになり、常に脱出した状態となります(Goligher分類4度)。
この脱出した状態はなんとも不愉快です。

従来、イボ痔で手術をしていたものは、この脱出に対して行う手術がほとんどでした。手術は1〜3ヶ所の痔核に対して、内外の痔核を紡錘形に切除し、創を融ける糸で縫合閉鎖してイボをなくする結札切除術というもので、比較的簡単安全な手術ですが、手術後に多少痛みもあります。

ジオン注射による内痔核の硬化療法は、術後の痛みも少なく(順調に経過している場合はほとんど痛みません)、従来は手術をしていたような大きな内痔核でも、ほとんどは硬化療法で治療可能です。
ジオンは硫酸アルミニウムカリウム・タンニン酸液で、これを痔核内に注射することにより、血管よりなる痔核組織が繊維化を起し硬化縮小し、その効果は手術とほぼ同等です。

当院ではこのジオン注射による硬化療法を、原則日帰り処置で行っております。
処置そのものの所要時間は10〜20分くらいです。
処置後1時間程度点滴をして、異常がなければ帰宅していただきます。
術後の通院は通常、処置の翌日、1週間後、2週間後、1ヵ月後の診察をお願いしております。
但し、日帰りの注射治療とはいえ、手術に準じた手技ですので、合併症もゼロではありません。
合併症を防ぐために、指示された通院スケジュールを守って下さい。
痔核がひどく痛んで腫れているような時はこの治療は避け、薬剤で腫れや痛みをとって落ち着いてから硬化療法を行います。
また、外痔核は適応でなく、大きな外痔核は手術でないと縮小できません。
ジオンによる硬化療法の術後は、痛みもほとんどなく、処置翌日からそれまで認められていた不愉快な痔核の脱出が消失するケースがほとんどです。
術後経過は手術に比べると大変楽で、イボ痔の治療を根底から変えた画期的な治療法と言えます。
痔核でお悩みの方は、是非ご相談ください。

痔肛(切れ痔)

切れ痔は、肛門の粘膜と皮膚の境近くの皮膚に、縦に亀裂ができるもので、排便時にガツンと痛く、その後にポタポタと出血するのが典型的な症状です。
通常、便が硬いことがきっかけになり初期の亀裂ができますが、亀裂の痛みのため肛門の開き(伸び)が悪く、更にそのことがよけい亀裂を悪化させるといった悪循環になり慢性化します。
治療は、初期は便を軟らかくする事と、座薬、肛門の軟膏などの薬物療法となります。
慢性化し、薬物療法でも治らない場合、指で肛門を少し広げてあげると治りやすくなります。
それでも難治性の場合には、肛門の側方で内肛門括約筋を少し切開して肛門の過緊張をとってあげるような手術をすることもあります。

肛門周囲膿瘍、痔瘻

肛門の皮膚と粘膜の境にある粘液を出す肛門線から、細菌が肛門周囲に入り化膿したものが、肛門周囲膿瘍です。お尻の周囲が痛み、熱感があります。
そのまま放置したり、抗生剤投与で様子を見ていると、膿が更に周辺に広がり枝分かれして複雑になるので、早急に肛門周囲の皮膚を切開し、膿を出す必要があります。
このように切開された肛門周囲膿瘍は、内側の肛門腺の細菌進入路(一次孔)が完全に閉鎖してしまうと治癒します。
しかし一次孔が閉鎖せず、細菌の流入が続いた場合に、切開や自然に膿が流出してできた皮膚の穴(二次孔)に向けてトンネルが形成され、これが長く閉鎖せずに、二次孔から膿の排出が慢性的に長く続くと、痔瘻という状態になることがあります。
痔瘻には単純なタイプと枝分かれして複雑なタイプがあります。
痔瘻の場合、手術後の再発率もやや高く難治性のタイプもあります。状況により手術、シートン法を使い分けた治療を行います。

その他

肛門掻痒症

お尻のまわりが痒い症状が続く方がおられます。
痒くて掻くため、刺激で皮膚が厚くなり、しわも深くなっています。
便の刺激で痒くなることも多く、シワの間に便の成分が付かないように、ウォシュレットでよく洗った後に、弱いステロイドと抗真菌剤(カビの薬)を混ぜたクリームを塗っていただくと大抵の症例が改善します。
ステロイドのみ出されていると、よけいただれてカビが付いたりしていることがあります。
ステロイドに抗真菌剤を混ぜるのがポイントです。

膿皮症

肛門から離れた臀部皮下にしこりがあり、皮膚に膿の出る穴(瘻孔)が多発するもので、瘻孔は長年閉鎖することなく皮膚は黒ずんできます。
皮下の瘻管を完全切除することが必要です。痔瘻を合併している率もやや高いです。
小範囲のものは外来手術でできますが、範囲の広いものは入院での手術が好ましいです。

毛巣洞

肛門の上方の仙骨下端付近に皮膚のくぼみ(1次孔)があり、そこから連続した皮下の瘻孔(空洞)内に毛が入っており、瘻孔が化膿して更に上方の皮膚に穴が開き(瘻孔の2次孔)、排膿が続きます。
瘻孔を完全切除しないと排膿は治りません。
切除後の創が大きくなりやすく、開放創にしたりすることもありますが、小さいものは一次縫合閉鎖も可能です。

クローン病

原因不明の炎症性腸疾患であるクローン病は、全消化管で狭窄や瘻孔等を形成することがある難病です。
この疾患に難治性の肛門病変が合併することが多くあります。
クローン病の肛門病変としてよく認められるのは、クローン病自体の病変による深い裂肛、肛門潰瘍や、肛門狭窄、通常では認められないような複雑な痔瘻などです。
クローン病に合併した肛門病変は、それぞれの症例でケースバイケースで対応していかないといけませんが、往々にして難治性です。
 
このページのトップへ

「山東クリニック」は広島市の内科・外科・消化器内科・呼吸器内科・リハビリ科・肛門外科 トータルケア クリニックです


消化管疾患(胸焼け、腹痛、逆流性食道炎、胃潰瘍、胃炎、ピロリ菌、大腸癌検診、肛門、痔疾患の診療、日帰り手術など)・呼吸器疾患(気管支喘息、気管支炎、咳、肺癌検診、術後管理など)・循環器疾患(高血圧、狭心症、不整脈、閉塞性動脈硬化症などの四肢血行障害、心臓手術後、心筋梗塞治療後管理など)・肝胆疾患(肝炎治療管理※インターフェロン可、アルコール性肝障害、肝硬変、肝癌検査術後管理、胆石、膵炎、膵癌※化学療法など)・代謝疾患(糖尿病、高脂血症、痛風など)・内分泌疾患(甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、甲状腺癌、乳癌検査※術後化学療法等の治療管理など)・腎泌尿器疾患(腎盂腎炎、尿路結石、膀胱炎など)・アレルギー疾患(花粉症、アレルギー性鼻炎、喘息など)・感染症(カゼ、インフルエンザ、感染性腸炎、尿路感染症、肺炎、気管支炎、帯状疱疹、真菌感染、皮膚の感染など)・血液疾患(貧血など)・膠原病神経筋疾患(関節リウマチ、脳梗塞後遺症、神経痛、片頭痛など)・精神疾患(更年期障害、不眠、軽症のうつ病、不安神経症など)・整形外科疾患(腰痛症、肩関節周囲炎※五十肩、変形性膝関節症、腱鞘炎、理学療法など)・皮膚疾患(湿疹、にきび、しみ、白癬菌感染※水虫など、巻爪など)、痔、痔核、痔ろう、裂肛、切れ痔、痔核硬化療法、ジオン、ALTA


Copyright (c)2007 SANTO CLINIC Co., Ltd.. All Rights Reserved.