山東クリニック
院長 山東敬弘
院長経歴
  1983年 広島大学医学部卒業
  広島大学医学部第一外科
  県立広島病院小児外科
  ミネソタ大学大腸肛門外科研修
  国立大田病院医長を経て
  1997年 広島記念病院
  1998年 広島記念病院医長
  2005年 山東クリニック開院
医学博士・外科専門医
所属学会:日本外科学会
     日本消化器外科学会
     日本大腸肛門病学会
     日本乳癌学会
     日本東洋医学会
■ごあいさつ
 私は、広島大学医学部卒業以後、循環器外科研修、小児外科研修等を経た後、広島大学病院、県立広島病院、国立大田病院、ミネソタ大学大腸肛門外科、広島記念病院等において主に消化器疾患、肺癌、乳癌、甲状腺疾患、肛門疾患等の診療・研修をしてまいりました。
その間は生死を分ける重症患者さんの治療や、癌の患者さんの診断、手術、化学療法、退院後の治療など幅広い領域の診療にあたってきました。これまでの研修においては、刻々と変化する患者さんの状態を正確に把握し、早期に的確な処置がとれる医師になるように、常に心がけてきました。
 今後はこれらの経験を踏まえて、皆様のお体の色々な問題に幅広く対応できるトータルケア・クリニックを目指しております。
 一般内科系疾患はもちろんのこと、消化器疾患、呼吸器疾患、循環器疾患、糖尿病、アレルギー疾患、肛門疾患等においても、常にハイレベルの医療を提供できるよう努力したいと思います。
 通院困難な方には、在宅でも充実した治療が受けられるよう、往診も行っております。

 日々進歩する医学の最先端を取り入れ、自分の経験と感性を最大限活用して、総合的な診療を行いたいと考えております。
何でもお気軽にご相談下さい 。

山 東 敬 弘  

このページのトップへ

「山東クリニック」は広島市の内科・外科・消化器内科・呼吸器内科・リハビリ科・肛門外科 トータルケア クリニックです


消化管疾患(胸焼け、腹痛、逆流性食道炎、胃潰瘍、胃炎、ピロリ菌、大腸癌検診、肛門、痔疾患の診療、日帰り手術など)・呼吸器疾患(気管支喘息、気管支炎、咳、肺癌検診、術後管理など)・循環器疾患(高血圧、狭心症、不整脈、閉塞性動脈硬化症などの四肢血行障害、心臓手術後、心筋梗塞治療後管理など)・肝胆疾患(肝炎治療管理※インターフェロン可、アルコール性肝障害、肝硬変、肝癌検査術後管理、胆石、膵炎、膵癌※化学療法など)・代謝疾患(糖尿病、高脂血症、痛風など)・内分泌疾患(甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、甲状腺癌、乳癌検査※術後化学療法等の治療管理など)・腎泌尿器疾患(腎盂腎炎、尿路結石、膀胱炎など)・アレルギー疾患(花粉症、アレルギー性鼻炎、喘息など)・感染症(カゼ、インフルエンザ、感染性腸炎、尿路感染症、肺炎、気管支炎、帯状疱疹、真菌感染、皮膚の感染など)・血液疾患(貧血など)・膠原病神経筋疾患(関節リウマチ、脳梗塞後遺症、神経痛、片頭痛など)・精神疾患(更年期障害、不眠、軽症のうつ病、不安神経症など)・整形外科疾患(腰痛症、肩関節周囲炎※五十肩、変形性膝関節症、腱鞘炎、理学療法など)・皮膚疾患(湿疹、にきび、しみ、白癬菌感染※水虫など、巻爪など)、痔、痔核、痔ろう、裂肛、切れ痔、痔核硬化療法、ジオン、ALTA


Copyright (c)2007 SANTO CLINIC Co., Ltd.. All Rights Reserved.